【元旅行会社社員が教える】沖縄旅行の時に台風がきたら?対応方法とやるべきことチェックリスト

アイキャッチ旅のヒント
この記事は約17分で読めます。

こんにちは、元旅行会社社員のほほと申します。

夏は沖縄の旅行シーズンです。夏と言えば沖縄を連想される方も多いのでは。
しかしこの旅行シーズン、台風のシーズンでもありますよね。

沖縄は島国ですので、移動手段は基本的に飛行機か船です。だからこそ台風の影響は大きいし、観光客なら誰もが気になることだと思います。

旅行会社に勤務していると、台風が発生すると問い合わせが急増します。例えばこのようなお問い合わせをいただくことがありました。

とある観光客
とある観光客

「もし旅行中に台風がきたらどうなるんですか?」
「台風でキャンセルするとき、キャンセル料は必要?」
「飛行機が欠航になったらどうやって帰ったらいい?」

困っている方々の悩みが解決すればと思い、旅行会社社員として実際に案内していたことも織り交ぜながら、効率的な対応方法をチェックリストにまとめました。

その時の台風の強さや進路、そして旅行会社・ホテルなどによって細かい対応に差はあると思いますが、基本的に取るべき対応は「確認と連絡」です。

チェックリストでやるべきことを示し、解説を加えました。

旅行時の台風対応チェックリスト【出発日・旅行中・最終日】

旅行出発前~出発日

台風は通常沖縄の南の海上で発生し、沖縄方面へと北上していきます。

旅行出発前に欠航等が決まってしまう場合もあれば、当日になってからでないと判断がなされない場合もあります。情報はできるだけこまめにチェックしましょう。

【旅行出発前】にやることチェックリスト

出発日当日にやるべきことはこちら。
当日なので出発時間が差し迫っており、焦るかもしれません。しかし焦っても良いことはないので、冷静に対応しましょう。

【旅行出発日】にやることチェックリスト
【出発前・出発日】欠航のときにやることチェックリスト

旅行中

旅行中はまず自分自身の身を守ることに専念してください。
ホテル等は台風対策をきちんと行っているはずなので、指示に従って行動を。

【旅行中】にやることチェックリスト

旅行最終日(帰る日)

旅行最終日に台風の影響を受けてしまうと、その後のスケジュールが一気にくずれてしまうことも非常によくあります。焦らず早めの行動を心がけてください。
やるべきことを知っているだけでも行動が早くなるものです。

【最終日】にやることチェックリスト
  • 利用する飛行機・船の運航状況をチェック
    →欠航の場合はこちら
    →船が「条件付き運航」となっている場合はこちら
     →船が港に入れなかったら、延泊の宿を手配し翌日以降の船に乗船するか飛行機も視野に入れる
  • 早めに空港や港に行く(運航状況が決定していない場合や希望便が満席で空席待ちをする場合)
【最終日】欠航のときにやることチェックリスト
  • (旅行会社等で予約した場合)旅行会社に連絡、払い戻しもしくは日付変更
    →現地とのやり取りは基本的に全て旅行会社が行います。
    【関連】旅行代金のうち「払い戻しされるもの」って何?
  • 航空会社ホームページにて取消・払い戻し・日程変更の処理をする
  • 代替便を確保する
  • (全便欠航の場合)宿泊先を探す
    →宿泊先を探すポイントはこちら

台風時対応のポイント解説

以上のチェックリストの内容について、詳しく解説していきます。

天気予報・台風情報の確認方法とおすすめのアプリ

とある観光客
とある観光客

天気や台風の情報収集におすすめのアプリやサイトはある?

天気予報は、台風やその他の情報も一緒に確認することができる「yahoo天気」がおすすめ。

WINDY」というアプリでは、風や気温などについて詳細な情報をビジュアルで見ることができます。

Yahoo!天気
Yahoo!天気
開発元:Yahoo Japan Corp.
無料
posted withアプリーチ
Windy.com
Windy.com
開発元:Windyty, SE
無料
posted withアプリーチ

yahoo天気」「WINDY」どちらもブラウザ版がありますので、お好みに合わせて利用してください。

次に台風の情報に関しては、日本の気象庁のサイトや米軍のサイト(JTWC)などをよく確認していました。

情報の発信元によって予報には多少の違いがあるので、複数の媒体を参考にすると良いです。

航空券の「特別な取り扱い」とは何か

台風等で航空便のフライトに影響が出る(遅延や欠航など)場合、航空会社は「航空券の特別な取り扱い」対象となる空港や便を定めます

これらは「ノーチャージフライト」と呼ばれることもあり、「飛行機の実際の運航に関わらず、取消・変更を無料で行うことができる」というものです。通常通りの運航ができない可能性が高いため、事前に取消料を無料にするということですね。

台風で天気が悪く楽しめないなら、キャンセルしたいと考える人も多いでしょう。そのような人にとってはとてもありがたいものです。

ちなみに、「特別な取り扱い」対象となった段階ではまだ欠航ではないので、悪天候でも飛行機が運航するなら旅行に行きたいという場合はひとまず空港に行って最新の情報を待ちましょう。

船や飛行機、交通機関の「欠航」が決まったらやること

「欠航」時の対応は出発前(出発日を含む)と最終日で少々異なっています。ポイントは「旅行を開始しているかどうか」です。

再度チェックリストを見てみましょう。

【出発前・出発日】欠航のときにやることチェックリスト
  • (旅行会社等で予約した場合)旅行会社に連絡、払い戻しもしくは日付変更
  • 航空会社ホームページにて取消・払い戻し・変更の処理をする
  • ホテルやレンタカー等、現地に連絡して欠航の旨を連絡

旅行が開始されていない場合、端的に言うと全てキャンセルで大丈夫。往路便の欠航により旅行自体を開始することができていないため、欠航を理由に宿泊やレンタカーも無料で取消することができます

この段階で日程をずらすことができるならば変更でもいいですし、手続きとしてはそこまで難しくありません。ただ、できるだけ早い段階で連絡することを忘れずに。

【最終日】欠航のときにやることチェックリスト
  • (旅行会社等で予約した場合)旅行会社に連絡、払い戻しもしくは日付変更
  • 航空会社ホームページにて取消・払い戻し・日程変更の処理をする
  • 代替便を確保する
  • (全便欠航の場合)宿泊先を探す

対して、帰るための復路便が欠航になってしまうと、必ず変更して飛行機や船の予約を取り直さなくてはならないだけでなく、変更した便に乗れるまでに滞在する場所を確保することも必要です。

船の「条件付き運航」とは?

とある観光客
とある観光客

「条件付き」って「欠航」とは違うの?

条件付き運航はあくまでも「運航」なので、船が出ない「欠航」とは違います。

基本的に船は沖縄本島と離島の二か所を結ぶものです。しかし小さな離島が点在している奄美群島では、那覇ー鹿児島間を、複数の島を経由して運航します。

  • 一般的な航路(例:那覇~渡嘉敷)
    フェリーは那覇と渡嘉敷島を往復します。悪天候時は船が出航できず、欠航となります。
  • 鹿児島航路(那覇~鹿児島)
    那覇を出発し、本部(沖縄)・与論・沖永良部・徳之島・奄美大島を経由して鹿児島に向かう距離の長い航路です。

発着地である那覇港、鹿児島港は大きい港ですが、中継地点の港自体が小さかったり、港付近の波が高くなりやすい性質を持っています。そのため、船が運航できても特定の島の港に入ることができない場合があり、その場合船は次の港に向かいます

つまり条件付き運航とは、「もしかしたら予定していた島に船が入港できない可能性があるよ」という「条件」での運航ということです。

船会社は当日の天候や波の状況など、情報を仕入れて運航をしているので、出発前に条件付きでの運航が決まった場合は必ず、乗船前に船会社の職員の方から乗船するかどうか確認されます。
もし条件付き運航を理由に乗船しない場合は、運賃は返金となります。

条件付き運航でも、島内で船が入る港を変更するなどの対応をして、予定どおりに到着できる場合もあります。しかしやむを得ず次の中継地点に向かう場合もあります。

予定の港に入ることができなかった場合は、基本的に次に入港できた島で下船しなくてはなりません。与論島に行く予定だったけれど、台風の影響で一つとなりの島である沖永良部島に滞在しなくてはならなくなった例、沖永良部島もダメで徳之島まで行ったという例もあります。
もし乗船予定の船が条件付き運航となった場合は、乗船するかキャンセルするか、よく考えることをおすすめします。

関連:「波予測」を見るのはなぜ?

宿泊先の探し方のポイント

もし全便欠航となってしまった場合は、延泊するための宿を手配することになります。
宿の探し方としては以下の4つの方法があります。

  • 今まで泊まっていたホテルにそのまま泊まれるか確認
  • 旅行会社で探してもらう
  • 宿泊予約サイトなどで探す
  • 付近のホテルに片っ端から問い合わせる

チェックアウト前であればまず、今宿泊中のホテルに部屋の空きがないか聞いてみましょう。

全便欠航になってしまうと他にも同じ境遇(帰りたくても帰れない)の人がたくさんいるため、空室がない場合もありますが、同様に沖縄に来ることができず使用されない部屋もあります。ですのであきらめず探すことが大事です。

予約サイトを使うとネットがあればすぐ探せて便利。旅行会社もこのような場合の対応に慣れているはずなので、旅行会社を利用した旅行でなくても問い合わせる価値はあります。

それから飛行機の日程変更などに料金はかかりませんが、延泊をする場合の宿泊代金は基本お客様負担となりますのでご注意を。

台風の対応に関連する情報・よくある質問など

続いて、知っていると役立つ情報や、旅行会社員時代にお客様からよく質問を受けていたことについてまとめます。

運航状況はいつ判断される?

とある観光客
とある観光客

飛行機や船の運航する・しないっていつ決まるんだろう?

運航状況をいつ決定するのか、明確な決まりはありません

最近の状況を見ていると、飛行機は船に比べて判断が早いように感じます。台風が近づく前に「特別な取り扱い」として、航空券の変更やキャンセルを無料で行う対応をしています(航空券の特別な取り扱いについてはこちら)。

比べて船は、基本的に当日にならないと出航か欠航か決定しないんです。お客様からの問い合わせを受けて船会社に確認することがありましたが、「正式な決定は基本的に当日でないとできない」とのこと。

旅行する側としてはちょっと困ってしまうけれど、最も台風時の対応について理解しているのは航空会社や船会社の方々です。焦らず待ち、判断に従いましょう。

「波予測」を見るのはなぜ?

とある観光客
とある観光客

「波予測」って初めて聞いたけど、何を見たらいいの?

沖縄旅行では、沖縄本島を経由して離島に行くという人も多いでしょう。
沖縄本島から全ての離島に飛行機が飛んでいればいいのですが、中には船でしか行くことができない離島もあります。

船はまだそれほど台風が近づいていない(と私たちは感じる)のに欠航になる場合があります。「なぜこんなに遠い場所に台風があるのに?」と思いますよね。

それは波は台風の影響をより受けやすいからという理由があるからです。台風の規模が大きければ大きいほど、より広い範囲に影響が出てきますし、空が影響を受けるよりも波は一足早く影響を受けます。

ですので、台風情報の確認とともに波の予測は必ずチェックすることをおすすめします!

私がおすすめしたいのがyahooの波予測。波の高さが色分けされていて見やすく、3日先の予測まで見ることができます。

また台風が近づく前だけでなく、台風が過ぎた後にも注意が必要

実際に高波が収まるためには台風が過ぎてから数日は必要なので、飛行機は飛んでいるのに船は欠航ということも多いです。

「波の高さ」を旅行に行く・行かないのひとつの判断基準にしていただけると幸いです。

参考:気象庁 | 予報用語 波浪表

「台風が発生」しただけで旅行の取り消し・変更はできる?

特に多かった問い合わせがこちらです。

とある観光客
とある観光客

台風が発生したとニュースで見ました!今の予報だと私が沖縄に行く一週間後に台風の影響が出そう…。

今の時点で旅行の取り消しまたは日付変更できるんですか?
台風で飛行機が欠航すれば無料でキャンセルできますよね?

船や飛行機のような陸上交通以外の手段を利用しないといけないからこそ、皆さんが気になることですよね。

基本的に、旅行の取消・変更は料金(=取消料)を支払えばいつでも行うことができ、出発日に近づくほど、取消料は高くなるよう設定されています。
台風の場合は取消料が免除される場合が多いです。

取消料を免除できるかどうかは旅行会社が独断的に決定するものではなく、交通機関・宿泊機関の判断を含めて総合的に行います

けれど今はまだ台風が「発生しただけ」。さすがに一週間後の運航状況を現時点では判断できません

もちろん、お客様がキャンセル料がかかっても取り消しをされたい場合は、この時点でも取消の処理は可能です。しかし、もし一週間ののち予報通りに沖縄に台風が来て予約していた飛行機が欠航になったとしても、いただいたキャンセル料を返金することはできません。旅行のキャンセルは慎重に。

出発時は通常運航、最終日に台風が近づく予報だけど…?

とある観光客
とある観光客

今日は通常運航だけど、帰る日に台風が最接近する予報。
こんなときどうしたらいい?

こちらの状況は、正直なところとても判断が難しいパターンです。なぜなら、欠航するかどうかの判断を何日も前にすることはなかなかできないからです。

参考:「台風が発生」しただけで旅行の取り消し・変更はできる?

しかし、帰る日の便が台風で欠航になり、帰れなくなってしまったら困りますよね。場合によっては旅行自体を取りやめたり日程の変更をすることをおすすめします。

参考:帰る日を早めることはできる?

旅行代金のうち「払い戻し」されるものって何?

台風などで予定通りの旅行が実施できなくなると、「払い戻し」の手続きをすることになります。一体何が払い戻されるのでしょうか?

基本的には、「まだ使用していないもの」に関する料金が払い戻されます。

例えば、往路便が欠航になってしまい旅行の全てをキャンセルした場合は、予約していた飛行機・ホテル・レンタカーなどの料金がほぼ全て取消料無料でキャンセルできます(各施設・交通機関の判断になるので、取消料が発生する場合もあります)。

旅行会社を通して旅行に関するすべてのものを予約していた場合は、旅行会社がキャンセルの手続きを行います。旅行代金は、旅行会社から旅行者に払い戻されます

一部でも個人で手配しているものがあれば、旅行者個人で各施設・機関に連絡を取り、キャンセル手続きを行います。飛行機の欠航証明書など、「旅行ができなかったこと」を証明できる書類等の提出が求められる場合があります。それぞれの料金は、各施設から旅行者に払い戻されます

もしすでに沖縄に来ていて、台風の影響でレンタカーを全く利用できなかったとか、船を使う予定が欠航になり、代わりに飛行機を利用したなどの場合、利用していないレンタカー・船の料金は返金となります。

予約していた通りに利用できない・行くことができないとわかったら、すぐに旅行会社や予約店舗などに連絡をすることが大事です。「台風だし、現地の人もわかっているだろう」と考え、連絡せずそのままにしておくということはやめてくださいね。

もし旅行会社が営業時間外で連絡が取れなかったらどうする?

利用する便によっては早朝・夜間など、旅行会社が営業時間外だったり、台風で臨時休業という場合も。

そんな時、大変申し訳ないのですが、たとえ旅行会社を通して予約されていたとしても、ご自身で確認・各施設へ連絡をお願いします

やるべきことに関しては、こちらの記事に書いている内容を参考にしていただければ幸いです。

欠航などの情報は旅行会社でも細かくチェックしています。その上で該当するお客様はいないかどうかを確認し、旅行会社のスタッフからご連絡、払い戻し等の案内となります。もしなにか困ったことがあれば早い段階で確認、相談すると良いです。

台風の沖縄で楽しむ方法はあるの?

夏の沖縄といえば海!ですよね。海水浴やダイビングなどのマリンアクティビティの他ドライブやグスクの散策など、屋外での観光を目的にいらっしゃる方が多いと思います。

しかし台風となると屋外で行動することが難しくなります。マリンアクティビティは実施できなくなり、台風の勢力が強い場合、ホテルから出ることもできない可能性も…。

そんなときの対応策として、ホテル内に様々な施設があるリゾートホテルの滞在がおすすめです。

「通常の沖縄旅行ならホテルのレストランなんて行かないよ~」という方でも、ホテルによっては和洋中琉楽しめるレストランがあったり、ルームサービスを利用して部屋で過ごす時間を楽しんだりと、これまで気づかなかった良さに気づくきっかけになりますよ。

また、ホテル内で楽しめるアクティビティを多数用意しているホテルもあるので、ホテルで楽しく過ごせるか?という基準でホテル選びをするのもおすすめです。

台風で何らかの被害が出ている、停電しているなどの場合は通常通りの対応が難しいこともあります。まずはホテルに確認し、安全に楽しみましょう。

帰る日を早めることはできる?

とある観光客
とある観光客

3泊4日の沖縄旅行の予定だったけど、ちょうど帰る日に台風が接近しそう。
帰る日を一日早めれば、台風の影響もなく帰ることができそうだけど…?

飛行機に空席があれば、基本的には変更可能です。「航空券の特別な取り扱い」に該当していれば、変更に関わる手数料等も無料(グレードアップの座席に変更であれば料金が必要かもしれません!)。

宿泊していたホテルには航空便の状況を伝え、チェックアウト日を早めましょう。

ちなみに、沖縄に住んでいる私は個人的に、「最終日付近に台風の影響が出そうなら、台風が通り過ぎるのを待つよりキャンセル料がかかってでも早めに帰る」方が良いと考えます

それは台風の強さや進路によって、考えていたよりも長期間にわたり影響を受ける場合があるということ、進路によっては沖縄を通り過ぎた台風が自分が住んでいる場所に来るかもしれないからです。

特に離島に滞在していて台風に遭った場合、何日も飛行機の欠航が続いたり、滞在ホテルで台風の被害が出たり、食料などの生活必需品が入手しづらくなるなど、いろいろと困った状況が起こり得ます。

旅行後の仕事や大事な用事に影響を及ぼす可能性がないか、いま一度考えてみてくださいね。

まとめ:チェックリストを活用し、効率的な対応をしよう

非常にたくさんの情報を盛り込んでしまいました…。しかし、台風シーズンに沖縄旅行を計画される人に知っておいてほしいことは、「台風の対応は、旅行のどのタイミングで行うかによってやるべきことが違う」ということ。また、その時の台風の状況・各人の状況によってもやるべきことや判断基準が異なる場合があります。

今の時点ではまだ天気がわからなくても、ぜひチェックリストを参考にし、下調べと早めの対策を心がけてください。

「不測の事態に対応する」ために何をすべきか知っておく

なぜここまで「知る」ことが大事というのか。

それは、人間だれしも不測の事態に遭遇すると焦ってしまうからです。怒ったり、他人にきつく当たったり、適切でない判断をしてしまったり…。

旅行会社社員として、台風の場合の対応を何度もしてきました。普段通りに案内すべき内容をお伝えしても、時にはきつい言い方をされる方もいらっしゃいました。

せっかく早くから計画を立てて準備していた大切な旅行なのに、という気持ちはとてもよくわかります。しかし、台風が発生してしまうのは旅行会社の責任ではありません。飛行機が欠航になるのも航空会社の責任ではありません。

どうか、情報を早めにキャッチし、冷静に判断してくださればと思います。

不安なことはまず確認!旅行会社のツアーやプランも視野に

些細なことでもいいので、気になることがあれば予約した交通・宿泊機関や旅行会社へ問い合わせしましょう。 

旅行の手配は自分で行った方が安いし早いとお考えの方も多いと思いますが、旅行会社のツアーを利用していれば、基本的な対応は旅行会社が行います。個別に予約をしていた場合は自分自身で一つひとつの施設に確認・連絡をする必要があり正直手間がかかります。

ツアーは高いというイメージもあるかもしれませんが、旅行会社が間に入ってくれることでいろいろな施設に連絡する手間が省けたり、取消料の交渉がスムーズにできたりと、メリットも少なくありません。

こちらの記事は私が旅行業務に携わる中でお客様にいただいたご質問や、自分自身で「旅行の際に知っていると良さそうなこと」をまとめたものです。

もし他にも疑問に思うこと、「こんな時どうしたらいい?」ということがありましたら、お問い合わせやコメントにて教えていただけると、内容のさらなる充実につながります。ぜひよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました