【語学留学】実際に留学して感じた台湾留学のメリットとデメリット【中国語】

アイキャッチ台湾留学
この記事は約10分で読めます。

こんにちは、台湾で中国語を学んでいたほほと申します。

今回は実体験を踏まえつつ、台湾に留学するとどのようなメリット・デメリットがあるのかについて書いていきます。

台湾で学ぶ中国語「台湾華語」とは

台湾の中国語(いわゆる台湾華語)と中国の中国語(普通話)との大きな違いは次の3つ。

①使っている文字
②発音
③ピンインと注音

①は、台湾華語なら繁体字、普通話なら簡体字を使います。例えば「歴史」という言葉の意味は日本語・中国語ともに同じですが、

日本語⇒歴史

簡体字⇒历史

繁体字⇒歷史

このように、「歴」の字は3つとも異なる形をしています。

台湾で授業を受けている際、先生からよく「日本語は簡体字に似てるよね?」と言われたのですが、もともと日本の旧字体がかなり繁体字に近く、簡体字はさらに省略されているものという認識だった私にしてみれば、日本語は繁体字と簡体字の中間、やや繁体字寄りといった印象でしょうか。

ただ、繁体字と簡体字にはかなりの差があることがお分かりいただけたと思います。

②に関しては、台湾華語の場合「zh」「ch」「sh」の発音の「h」を発音せず、普通話でよくある語尾の「儿(兒)」は付けない(発音しない)ことが多いです。

二つの違いに関して、どれほど違うのかということをまとめている記事を見つけました。とても興味深い内容です。

台湾華語と中国普通話の違い
台湾華語と中国普通話の違い 台

最後に③については、中国語には発音を示す「ピンイン」という発音記号があります。
中国語を学ぶと最初に勉強するのがこのピンインです。

一方、台湾人はピンインを使用せず、ピンインと同じ役割の「注音符号」を使っています。「ㄅㄆㄇㄈ(ボポモフォ)」と呼ばれたりします。

このように見てみると確かに違いはありますが、日常的な会話で使用する分には「台湾で学んだから中国では通じない」ということはありません。

それでは台湾留学のメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

メリット

メリット イメージ

まずはメリットから。

台湾留学のメリット
  • 語学力が格段に向上する
  • ネイティブの先生の指導が受けられる
  • 経験すること全てが学びにつながる
  • いろんな国の友人ができる
  • 歴史や文化も同時に学ぶことができる
  • 生活に関する不安がなく勉強に集中できる
  • 日本に比べて物価が安い

語学力が格段に向上する

これはどんな海外留学であっても全般に言えることかと思います。

やはり語学習得は効率よく継続して学び、どんどん使うことが大事なので、毎日中国語を聴いて話さなくてはならない環境だと語学力の伸びも全然違います

ネイティブの先生の指導が受けられる

台湾の語学学校では台湾出身の先生が中国語を使って指導してくれます。

先ほど、台湾と中国では同じく中国語と言っても違いがあることを説明しました。特に発音に関しては、「h」があるのとないのとでは全く違う発音になります。

しかし、台湾の語学センターでは発音はきちんと「h」が入ったもので教えてくれます。なので例えば「zhi」を「zi」と発音していた場合は先生から指摘されると思います。

それでも使っている文字は繁体字なので繁体字で学び、慣れていく必要があります。私自身、日本で勉強していた時は簡体字を使っていましたが、頻繁に台湾旅行をしていて繁体字を見慣れていたためかすぐに切り替えることができました。今では繁体字の方が理解しやすいくらいです。

発音以外でも、文法の間違いも細かく指摘してくれ、単語の使用場面の違い(似ている言葉でも、これは書き言葉・これは話し言葉といった違いなど)、流行っている言い回しについても教えてくれました。

独学で勉強すると、テキストに載っている言葉から覚えていくので、固い表現の中に砕けた表現が混ざったり、似ている語が多いと使い分けが難しい場合があります。

ほほ
ほほ

例えるとするならば、日本語を喋れる外国人が「~でござる。」と言っているのを聞いたとき。

「使い方としては間違っていないけれど、普段使わない言葉だよね…」

と、違和感を覚えるイメージです。

そのような「テキストに載っているけど普段使わない言葉」「テキストに載っていないけど一般的に使う言葉」を正しく学ぶことができるのも留学の良い点です。

経験すること全てが学びにつながる

台湾は観光客も多い場所で、至る所で英語や日本語が通じます。英語教育にとても力を入れているので若い人は英語が喋れる人が多いですし、日本人観光客が多い場所などでは日本語が話せる人も多くいます。ですが現地の人が日常的に話す言葉は中国語です。

基本的に学校で学んでいる時間以外でも中国語でやり取りをしなくてはならず、買い物・食事・交通など、生活のすべての場が学びの場になります。

いろんな国の友人ができる

私の在籍していた語学センターは日本人が少なくて、一番多かったのがベトナム人でした。一度も日本人とクラスメイトになったことがなく、仲が良かった友達もベトナム人やカナダ人などでした。

他には、韓国人やメキシコ人、スペイン人などと同じクラスになった経験があり、台湾に留学している人は本当に多様です。

授業で台湾の文化や慣習などを学んでいく中で、他の国との比較も毎回話題に上ります。国によって全然状況が違ってとてもおもしろく、知らなかったことを知るきっかけにもなりました。

また私のクラスメイトは日本に興味を持ってくれる方も多くて、自分の国について話すことも多かったのですが、独自の文化についてどう説明すればいいのか…。

こういったことを考えるだけでも中国語力の向上につながりますし、実際に日本のことについて知ってもらえたことがとても嬉しかったです。

歴史や文化も同時に学ぶことができる

言葉にはその場所の歴史・文化や習慣が反映されていると感じます。

例えば「春節」は中華圏の人々にとってのお正月という大切な行事の一つですが、この行事に関連する言葉はたくさんあります。

語学センターの授業では、行事の成り立ち(故事や由来)を学びながら、語学の勉強だけでなく、文化にも理解を深められるようなカリキュラムが組まれています。

初めて知ったこと、日本と似ていることや違いなど、ただ旅行するだけ、日本語のテキストで中国語を学ぶだけでは知られなかったようなことも学ぶことができます

生活に関する不安がなく勉強に集中できる

ご存知の方も多いと思いますが、台湾は以前いくつかの国の統治下におかれていたことがあり、制度や建築、食事などさまざまなものの影響を受けています。

日本もそのうちの一つで、台湾には昔ながらの日本家屋が残っていたり、なにかと共通点が多いです。

都市部は夜遅くまで空いているお店が多く、治安も比較的良いので、一人暮らしをしていても不安に感じることはほとんどありませんでした

一部の観光地ではスリの被害に遭うこともあるそうなのですが、現地の人と同じように生活をしている分には特に問題ありません。カフェなどに行くと、よく荷物で席の確保をしているのを見かけますが、置き引きに遭うというのも多くはないと思います。
(もちろん全く無いとは言いきれません。あくまで外国なので自己管理は必要です)

また日本製品や日本独自の食材も簡単に入手できるし、日本食レストランも人気で数多く存在しています。

さらに、留学前に不安なことがあれば、旅行も兼ねて下見に行くのがいいと思います。欧米への留学であれば気軽に行くというのは難しいかもしれませんが、台湾と日本はとても近いです。
留学が始まってからも、何かあればすぐに帰ることのできる距離だと思います。

このような環境なので、過剰に心配しすぎることなく、安心して学習に集中することができます

日本に比べて物価が安い

台湾では、特に公共交通機関(MRTやバス)・タクシー・食事・マッサージが安いと言われています。

台湾での生活に慣れてくると、後で述べるデメリットのように「台湾(台北)の物価って高いかも」と感じるようになってくるのですが、日本での生活や他国への留学と比べると、かかる費用は安く済ませられると思います。

特に公共交通機関が安くて、バスは1区間15元(約54円)で、1区間が長いのでかなりの距離をこの運賃で乗ることができます。
MRTは初乗り20元(約72円)と少し高くなりますが、日本の電車の運賃と比較してもかなり安いと言えるでしょう。

また学費も比較的安いと思います。学校にもよるのですが、私の通っていた語学センターは1学期(3か月)で27,000元(約97,200円)、早期割引のキャンペーンもあるので、割引を利用するともっと安く学ぶことができます。

※2020年8月現在 1元=3.6円で計算しています。

デメリット

デメリットイメージ

次にデメリットです。

台湾留学のデメリット
  • 中国で学ぶ中国語とは少し違うかも
  • 引っ越しや生活など、学ぶため以外のことにもお金がかかる
  • (台北限定)家賃や物価が高い
  • (台北限定)日本人が多すぎる

中国で学ぶ中国語とは少し違うかも

最初に説明したように、台湾華語は使用する漢字や発音に少し違いがあります。

しかし語学学校では綺麗な発音で学ぶことができるので特に問題はありません。

また他の方のブログを見ていると、「台湾で中国語を学ぶためには注音符号を覚えなくてはならない」といった内容を見かけますが、台湾の語学学校でもピンインを使った授業です。

ですので、発音記号から理解できない、もう一度覚えなおさなくてはならないということはありません!

しかし、テキストに載っている単語や文法などで、たまに「これは中国でよく使う言い方だけど、台湾では使わないよ」と先生が解説することがあります。

日本で言う方言のようなものと考えるとそれほど気にすることでもないと思いますが、気になる場合は台湾ではない場所を選ぶ方がいいと思います。

更に言うと、日本で中国語というと中国で話されている言葉であり簡体字というイメージなので、繁体字を覚えたり簡体字を覚えたりするのは大変と思う方にとっては台湾留学がデメリットとなる場合があります。

引っ越しや生活など、学ぶため以外のことにもお金がかかる

いくら物価が安いとはいえ、ただ学校に通うだけでなく、生活をしなくてはなりません。学費以外にも海外で生活するためのさまざまなお金がかかります

私自身も留学をスムーズに進めていくためさまざまな準備をしました。その一つが貯蓄(留学費用の準備)でした。

日本で勉強する場合は、仕事とうまく両立することもできるし、中国語教室だけの費用ならばそれほど高額ではありません。

どのくらいの費用が必要になるのか考えてから留学をするかどうか決めたほうがいいです。

(台北限定)家賃や物価が高い

ここから二つの内容は台北の語学学校に通う場合になるのですが。

語学留学生用の寮がなく、学生寮は本科の学生限定という大学が多いため、台北市内の語学学校に通っている学生はほぼ自力で部屋探しをしているはずです。

しかし、台北は台湾人も認めるほど家賃が高いです。学生向けのアパートでも、最低10,000元は出さないとまともな部屋がありません(…と、部屋探しをしていて感じました)。

日本のアパートの感覚で部屋探しをすると、なかなか希望に合う部屋が見つからず何かしら妥協しなくてはなりません。

また、生活に慣れてきて思ったことが、生活用品が思ったより高いということ。食事が安すぎるせいかもしれませんが、洗剤やトイレットペーパー、シャンプーなど、日用品が高いと感じました。
日本製のものもたくさん売られていますが、台湾製や外国製よりも高いです。

生活に必要なものは日本からあらかじめ持ってくるなどすれば、もちろん節約は可能です。

(台北限定)日本人が多すぎる

やはり台北は台湾一番の大都市で、留学生に限らず住んでいる日本人の数が多いです。観光客ももちろん多いので、普通に歩いているだけで日本人を見かけたり日本語が聞こえてくるということがしょっちゅうありました。

日本人と交流せずに、本当に集中して勉強に臨みたい場合は、台北以外の都市に留学することも視野に入れるといいかと思います。

私は何かあった時のことを考えて、また台北の便利さに勝るものはないと思い台北を選びました。
もし台北に住みたいけどできるだけ日本人で固まってしまうのを避けたいと思う場合は、日本人が少ないと言われている語学学校を選ぶのがいいかもしれません。

まとめ

これまで、台湾で中国語を学ぶ際のメリット・デメリットをまとめてみました。

これは主に私が実際に台湾に留学していて感じたことですが、人によって感覚やとらえ方が違うため、みんながみんなこう感じているというわけではありません。

ですが留学先を選ぶ際の一つの参考になれば幸いです。

上に挙げたデメリットは、人によってはデメリットではないかもしれません。そのくらい、個人的にはメリットの方がはるかに多いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました